来週30歳の誕生日を迎える公務員です。同い年の妻

来週30歳の誕生日を迎える公務員です。
同い年の妻がいますが、子供はまだいません。

 

 

 

この前、同僚の男との浮気が判明。しかし、妻は知れっとしたもんで、反省した気配もありません。修復の見込みがあるでしょうかか。
妻から傷つけられるとは思いませんでした。
このままにしておくつもりはありません。はっきりと手を打たせて貰いましょう。

 

最新技術の普及により、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を容易に掌握できるようになりました。

 

 

 

調べたい相手にGPS搭載のスマホを持ってもらうことで、今いる場所を特定できてしまうのです。

 

 

 

非合法な方法ではありませんし、独力で浮気を発見するには便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意頂戴。
総合探偵社ts業者に浮気の調査を依頼するときでも、個人に関する情報を安易に知らせたくないというのは珍しいことではありません。

 

 

依頼が確定するまでの見積り段階では、詳細な個人情報(その個人が誰かを特定できる情報のことをいいます)は不要という会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。ただ、しごととして依頼する際は具体的な契約を交わすワケですから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。

 

 

 

不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くのは覚悟しておかなければなりません。

 

 

 

一般的に慰謝料というと、相手側の離婚の有無で当然ながら差があります。

 

 

その時点で離婚していないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、冷静になって、弁護士に入ってもらうようにして頂戴。

 

 

興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金が必要になることもあるようです。
ただ、普通は契約書に、別途料金を請求することについて記載されているでしょう。

 

 

したがって契約書にはよく目を通して理解しておくべきでしょう。説明を聞いてもわからなかったりしたら、依頼前に質問して、解消しておくのも怠らないようにしましょう。不倫というのは一生続けられるものではありません。浮気の事実が知られ、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、高額な慰謝料を要求される場合も当然あるでしょう。

 

 

 

そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚するパターンもあります。どういうルートを辿ろうと、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。

 

先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。それも入籍する前から幾度となく繰り返してきたようで、相手持たくさんいるし、私のしり合いもいました。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気は男の甲斐性ですか。
それって本能なんでしょうか。

 

まさか、ですよね。

 

 

 

一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす意味がわからなくなったので、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。

 

パートナーの浮気で離婚調停や裁判ということになれば、浮気していたという証拠がなければいけません。

 

一例を挙げると、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。

 

 

 

近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として認められるケースがあります。総合探偵社ts業者にかかる料金には幅があって、追加料金を加算したりして高額な請求を行っている会社もあるようです。高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、一概に釣り合っているとは言えません。

 

高額な料金を請求しておきながら、浮気の証拠はありませんでしたという結末にならないためには、契約前に調査料金の平均値ぐらいはチェックしておきましょう。主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。

 

 

それは、向こうの言い分や趣味など全てを受け入れることです。私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。
相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。それに、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。

 

 

 

家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、身仕舞いに気をつけ、女らしいふるまいを心がければいつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)ように思います。

 

 

夫や妻の行動が怪しいときは・・・

↓↓こちらをクリック↓↓